トップページ > 買取日誌

買 取 日 誌


2019年11月17日(日曜日)「日本刀骨董品買取近況」

日本刀、骨董買取、山梨県、新潟県、長野県、静岡県 甲冑、日本刀、鎧、土蔵、家屋解体、遺品整理、骨董買取、長野県、静岡県 掛軸、中国骨董、象牙、珊瑚、骨董買取、蔵、山梨県、新潟県、長野県、静岡県 中国、仏像、印材、美術品、古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
今年も残すところ一カ月半ほどになりました。
12月は買取のご依頼も増える時期ですのでこれからますます忙しくなってまいります。
今年も老朽化に伴う家屋、土蔵の解体や建替えなどで数多くの古民家やお蔵の取壊しの現場へ行く機会が多かったです。
みなさまが異口同音に言われることに修繕費や維持費が馬鹿にならない。息子や娘は他に家も建ち後継者不足が理由など、さまざまではありますが確実に日本の伝統家屋が消滅していくスピードが速まってきているのは事実です。
日本の骨董品に関しても15年〜20年前に比べ、年々価格が下落してきています。すでに底値に達してきている物も多いです。
今が買い時集め時と骨董品の業者市場にて買い漁っている業者もいれば、逆もまた然り。
また、あれだけ景気の良かった中国人による中国骨董品買戻しバブルもすでに過去の話になってきたように思います。
今後は骨董界本来の数寄者相手のほっそりとした商いに戻っていくように思います。品物も世界に通じるようなそんな物だけが残っていくように感じています。

古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2019年6月12日(水曜日)「山梨、長野、静岡、新潟にて日本刀・鎧・骨董品など買取」

日本刀、骨董買取、山梨県、新潟県、長野県、静岡県 甲冑、日本刀、鎧、土蔵、家屋解体、遺品整理、骨董買取、長野県、静岡県 掛軸、中国骨董、象牙、珊瑚、骨董買取、蔵、山梨県、新潟県、長野県、静岡県 中国、仏像、印材、美術品、古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
御代替りよりはや一ヶ月が過ぎました。
新元号の令和になってからお客様からの買取依頼も急増中でとても忙しい日々を送っています。
ご遺品として残された骨董品・日本刀などのご処分から旧家様のお蔵の整理まで数多くの買取をさせて頂いております。
古い物があり、ゴミとして捨てようかと迷われていた長野県のお客様からのご依頼があり、古い書物や明治、大正、昭和初期頃の手紙やアルバム、満州へ出征されていたお父様が中国で集められた骨董品などあやうく解体処分されるところを当社にて買取をさせて頂き大変お喜び頂けました。

古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2019年4月14日(日曜日)「中国骨董品・篆刻・印材・印譜・白玉などの買取」

中国骨董品買取、珊瑚、骨董買取、新潟県、長野県、静岡県 甲冑、日本刀、象牙、珊瑚、古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
平成最後の?日誌の更新になると思います。
年明けより今日まで多くのお客様より買取の御依頼を賜り、お譲り頂いた品々を次の方へと橋渡しすべく奔走中の日々でございます。
お蔵などへ入り買取の品々を探しているとお客さまの思い出の品々などが出てくることがあります。古いアルバムや古写真などが良く出てきますが、お客様に写真が出たことをお伝えすると時に思い出話に花が咲くこともあります。
令和という新時代が幕を開けますが、古き良きものを後世へとつなぐ、架け橋として新時代も頑張りたいと思います。

浪漫屋では古民家や土蔵などに眠る骨董品の買取りをはじめ、御趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2019年2月4日(月曜日)「静岡県にて甲冑・刀・古書・中国骨董品など買取」

象牙、珊瑚、骨董買取、蔵、古民家、不動産、新潟県、長野県、静岡県 甲冑、日本刀、象牙、珊瑚、古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県 甲冑、日本刀、象牙、珊瑚、骨董買取、蔵、古民家、不動産、新潟県、長野県、静岡県 甲冑、日本刀、象牙、珊瑚、古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
今年は正月三が日はお休み頂き、4日から出張買取をさせて頂きました。
県内のお客様のところでしたが、新年から二日がかりの大作業となりました。 また、個人のお客様や家屋解体業者様からの古民家・土蔵の解体前の買取依頼も多数いただいております。
今年に入り静岡県へ3回、長野県へ1回、埼玉県へ1回と県外への出張買取依頼も対応させて頂いております。

浪漫屋では古民家や土蔵などに眠る骨董品の買取りをはじめ、御趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2018年12月31日(月曜日)「年末のご挨拶」

骨董買取、蔵、古民家、不動産、新潟県、長野県、静岡県 古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県 骨董買取、蔵、古民家、不動産、新潟県、長野県、静岡県 古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

平成30年も残りわずかとなりました。
今年も多くのお客様より買取の御依頼を頂き、とても良い品々を買取させて頂くことができました。
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えください。


2018年10月14日(日曜日)「山梨、長野、静岡にて遺品整理・家屋土蔵解体に伴う骨董品買取」

骨董買取、蔵、古民家、不動産、新潟県、長野県、静岡県 古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 10月に入り少しずつ肌寒むくなってまいりました。
今年の夏は猛暑が続きお蔵や古民家などからのうぶ出し品の搬出作業などでは汗だくになり、熱中症になりかけたこともしばしばでした。
ようやくすごしやすい季節になりほっとしております。
 今年は個人のお客様や不動産会社様、建設会社様から家屋、土蔵などの解体や改築などで先祖代々残されていた骨董品などの買取依頼を多くいただいております。
長野県の一件の現場では三日間山梨県と長野県を往復し買取をさせて頂きました。
清朝期の貴重な南画なども買い取りさせて頂けました。
しかし、最近ではアメリカと中国との貿易戦争の影響もあり中国関係の骨董品や美術品もここ数年に比べガクッと下火へとなってきてしまいました。
 今年も残り2か月半ほどとなってまいりましたが、年末へ向け買取のご依頼も増えてまいりますので頑張って行きたいと思います。
 浪漫屋では古民家や土蔵などに眠る骨董品の買取りをはじめ、御趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2018年8月8日(水曜日)「長野県へ蔵整理・古民家不動産物件など」

骨董買取、蔵、古民家、不動産、新潟県、長野県、静岡県 古民家、土蔵、家屋解体、不動産、骨董買取、長野県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 先月に引き続き古民家やお蔵(土蔵)などの不動産ご売却に伴う中の物の買取のため長野県への出張買取が続いております。
また、当社とお付き合いをさせて頂いている不動産会社様へのご紹介なども含め骨董品などの買い取り以外のことでも柔軟に対応をさせて頂いております。
 本来はお金をかけてご処分されようとしていた古い物などが思わぬ高値買取につながり、片づける手間もはぶけるということでお客様にもお喜び頂いております。
当店ではこれまでに数多くの古民家やお蔵などから貴重な骨董古美術品などを発見し買取をさせて頂いております。
開かずのお蔵や何十年も空き家のままの古民家などは特に古い物が手つかずのまま残されているケースが多く貴重な骨董古美術品などが残っている場合がございます。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2018年7月23日(月曜日)「遺品整理や家屋土蔵の解体片づけ時の買取」

日本刀、骨董、買取神奈川・新潟県・長野県・静岡県 茶道具、骨董、仏像、買取新潟県・長野県・静岡県 日本刀、骨董、買取新潟県・長野県・静岡県 茶道具、骨董、仏像、買取新潟県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 全国的に猛暑が続いていておりますが、みなさまは暑さ対策などは大丈夫でしょうか。
私どもの仕事は暑さ寒さに関係なく一年中ご用命を頂ければ全国各地へとお伺いさせて頂き骨董品や日本刀などの買取業務を行っておりますが、真冬より真夏の暑さの方が体には堪えます。
お蔵などの蔵出し時にはシャツなど絞れるくらいに汗をかきますので、真夏は着替えなどを持参してゆきます。
 最近の買取状況はご遺品の整理や片づけなどで残されました骨董品や日本刀関連の買取、古民家、旧家、土蔵などの解体、片づけ時などの骨董品のうぶだし買取など山梨県内をはじめ長野県、静岡県、神奈川県、東京都(多摩地区)など毎週のように県外へ出張買取へお伺いさせていただいております。
お客様によってはご遺品の処分や清掃などにお困りであったり、不動産として売却をされたいなど骨董品や日本刀などの買取業務以外の事でもご相談をお受けする機会が増え、当社が信頼しお付き合いのある確実な業者様(不動産会社様、遺品整理業者様)をご紹介させていただいております。
お客様それぞれの御事情を考慮し、時には骨董品買取以外のことでもアドバイスやご協力が可能なところも当店の強みでもございます。
 日本刀や茶道具、中国骨董品などまだまだ古いお宅には眠っております。 こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前に当社へご相談ください。


2018年6月1日(金曜日)「新潟県・長野県へ骨董品の出張買取」

日本刀、骨董、買取新潟県・長野県・静岡県 茶道具、骨董、仏像、買取新潟県・長野県・静岡県 中国骨董品、骨董、買取新潟県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 そろそろ梅雨の時期ですね。寒暖差も激しく体調管理には気をつかわないとやられてしまいそうです。
最近の出張買取は4月、5月と新潟や長野への出張買取が続いております。 山梨県と比べ気候差もありますので気候も穏やかになってくると寒い地方からの出張買取のご依頼も増えてくる傾向にあります。
長野県や新潟県は旧家や土蔵が現在でも多く残っていますので、蔵ごと家ごと骨董品など査定させて頂き買取をさせて頂くケースが多いです。
日本刀や茶道具、中国骨董品などまだまだ古いお宅には眠っております。 今年も残り半年、はりきって買取をさせて頂きたいと思います。


浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2018年3月16日(金曜日)「中国骨董品の強化買取を継続中です」

日本刀、根付、骨董品、買い取り山梨県・長野県・静岡県 骨董品、買い取り山梨県・長野県・静岡県 山梨県・長野県・静岡県日本刀買取

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 平成30年も3ヶ月が過ぎようとしております。月日が経つのがとても早く感じる今日この頃ですが、新年明けてからの買取業務も山梨県内をはじめ静岡県、長野県のお客様より日本刀・甲冑・仏像・仏教美術品・中国骨董品など多くの買取をさせて頂いております。本当にありがとうございます。
浪漫屋では現在中国骨董・美術品の強化買取を継続しております。数年前に比べ少し下降傾向にありますが良質のお品物であればまだまだ高価買取が期待できます。
お気軽にお問い合わせください。


浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年12月31日(日曜日)「年末のご挨拶」

鉄瓶、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県 象牙、中国、骨董品、買取山梨県・長野県・静岡県 箪笥、骨董品、買い取り山梨県・長野県・静岡県 日本刀、根付、骨董品、買い取り山梨県・長野県・静岡県 掛軸、茶道具、買取り山梨県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 平成29年もあと数時間ほどとなりました。
今年一年も多くのお客様より買い取りの御依頼を頂き、山梨県内をはじめ長野、静岡、神奈川、東京、埼玉などへ出張買取へ行かせていただきました。
また、今年も新たな出会いや繋がりが生まれた年にもなり、とても有意義な一年となりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

今年一年を振り返ってみますと株価の高騰やバブル期の再来かと思うような好景気を感じる一年でもありました。
女子高生によるバブリーダンスなども今年の世相を象徴するブームだったとも感じます。
来年も平和で今年の好景気感が続いてほしいと願っております。
来年もよろしくお願い申し上げます。
良いお年を。

浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年8月3日(木曜日)「山梨・長野・神奈川のお客様より骨董品、脇差、茶道具など買取」

古書、和本、古文書、骨董品、買取り、土蔵解体、山梨県・長野県・静岡県 鉄瓶、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県 印籠、根付、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県 氷コップ、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 6月から7月にかけては山梨県、長野県のお客様より古民家、お蔵の解体や遺品整理などで、古物・骨董品のご処分されたいということでお伺いさせていただきました。
今現在、全国的に空き家が問題となっておりますが、とくに交通の便の悪い地域では立派な古民家や土蔵などが荒れ果ててしまっている姿をよく目に致します。
今回のご依頼もお客様が都会へ出ており古民家・土蔵を今後維持管理できないという理由でご依頼いただきました。
この度は当社をお選びいただき本当にありがとうございました。
買取をさせて頂いたお品物は次の方へしっかりと橋渡しをさせて頂きたいと思います。

浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年7月5日(水曜日)「山梨県・長野県のお客様より骨董品、掛軸、仏像、古書など買取」


古書、和本、古文書、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県 鉄瓶、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 今回は山梨県、長野県のお客様より骨董品をご処分されたいということでお伺いさせていただきました。
この度は当社をお選びいただき本当にありがとうございました。
買取をさせて頂いたお品物は次の方へしっかりと橋渡しをさせて頂きたいと思います。

浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年6月12日(月曜日)「山梨県の旧家様より古書・鉄瓶など骨董品の買い取り」


古書、和本、古文書、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県 鉄瓶、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県 中国、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 今回は山梨県北部の旧家様より古民家、お蔵の中の骨董品をご処分されたいということでお伺いさせていただきました。
山梨県内の山間部の集落は盆地に比べ古くは平安時代などから続いているところが多く落ち武者伝説などのお話もよく伺います。
なかなかそこまで古い物は滅多に出てきませんが今回の買い取りをさせて頂いた和本の中に寛文期の物が含まれていました。
ざっと350年ほど経っているわけです。すぞいことですよね。浪漫を感じます。
この度は当社をお選びいただき本当にありがとうございました。 買取をさせて頂いたお品物は次の方へしっかりと橋渡しをさせて頂きたいと思います。

浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年5月26日(金曜日)「山梨県、静岡県のお客様より茶道具、骨董品の買取」


茶道具、骨董品、買取り山梨県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 ここ最近は山梨県、静岡県、長野県などで古民家や土蔵のお片づけのご依頼を多くいただくなかで、山梨と静岡のお客様より茶道具の買取りをさせて頂きました。
山梨県、静岡県の客様とも茶道教室の先生をなされていてご引退をされるため当社へご依頼を頂きました。
千家十職のお品をはじめ銀瓶、鉄瓶、一后一兆の棗など質の良い物を買取させていただきました。
また量も多く軽トラックでどちらも荷台がいっぱいになるほど買い取りさせていただきました。
この度は当社をお選びいただき本当にありがとうございました。 買取をさせて頂いたお品物は次の方へしっかりと橋渡しをさせて頂きたいと思います。

浪漫屋では古民家や土蔵などの骨董品の買取りをはじめご趣味として蒐集されてきた日本刀や骨董品、茶道具などの品々も積極的に買い取りをおこなっております。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年4月28日(金曜日)「山梨、静岡、長野にて骨董、鉄瓶、茶道具、日本刀、古銭など買取」


日本刀買取、山梨、長野、静岡 鉄瓶、茶道具、古書、買取山梨、静岡、長野、埼玉、神奈川 古銭買取山梨県・長野県・静岡県

一般的には馴染みの薄い日本刀・骨董品の買取りという仕事ですが、買取日誌を通じて少しでも身近に感じて頂けたらと思います。
 ここ1、2か月は山梨県内をはじめ静岡県、長野県、埼玉県などへ出張買取へ行かせて頂きました。
旧家様の片づけや、お蔵、物置などの解体など理由は様々ですが、大きい物は箪笥や古材などお客様自身で処分するにも費用の掛かる物など当社にて買取させて頂き大変に喜んでいただけました。
特に古いお宅やお蔵などに眠っている品々は一見するとゴミのようにも見えてしまいまい、お客様ご自身でゴミなどとしてご処分されてしまうケースが多々ありますが、プロの眼できちんと判断することで高価買取へつながることもあります。
こんな物はゴミだろうと捨ててしまう前にご相談ください。


2017年3月2日(木曜日)「山梨県甲府市のお客様より日本刀買取」


日本刀・骨董品買取山梨・長野・静岡

3月に入り少し春らしい陽気になってきたように思います。同時に花粉症の方には辛い季節でもありますよね。そんな私も花粉症ですのでこの時期はいいような悪いようなと言った季節です。
 昨年末にご先祖様がお侍さんだったというお客様より引っ越しに伴い自宅のお片づけをされていた時に屋根裏部屋より10振の日本刀が出てきたため当社へご連絡を頂きました。
日本刀の買い取りには銃砲刀剣類登録証が発行されていないと売買はおろか所持することもできません。今回発見された日本刀も登録証がありませんでしたので登録のお手伝いからさせて頂きました。
この様に未登録の日本刀などが古民家や土蔵などから新たに発見されることは珍しくはありません。 発見をされた場合は、まず所轄の警察署へ電話連絡をおこなってください。その後警察署へ行き発見届出書を書きます。警察署への発見届出は持主またはその家の者が届出なければなりません。第三者のような代理人では不可となります。
発見届出書が受理されると発見届出済証が警察から渡されます。この書類は後の登録審査時に必要となりますので大切に保管をしておきます。
その後、警察より教育委員会への連絡が行き、今度は教育委員会から持主へ登録審査日の通知が届きます。 通知書に記載されている場所と日時に1本につき6300円の収入証紙を添付し発見物と一緒に持参します。
問題がなければ当日登録証は発行してもらえるはずです。登録審査には持主からの委任状を受けた者であれば第三者でも可能です。
今回発見された日本刀も当社が代理で登録審査へ行ってまいりました。無事に登録証も発行され買い取りをさせて頂くこととなりました。 手続きに関するご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。


2017年1月6日(金曜日)「新年ご挨拶」

 明けましておめでとうございます。昨年は多くのお客様よりお問い合わせ、ご依頼を頂き誠にありがとうございました。
 今年も2日より買取へ行かせて頂きました。3日も長野県高遠へ買取りと新年早々からお問い合わせ、ご依頼を頂きまして嬉しい限りで御座います。
今年も皆様にとって良き一年となりますように。
本年もよろしくお願いいたします。


2016年11月19日(土曜日)「近況」


中国骨董品・茶道具買取・山梨県・長野県・静岡県 絵画・浮世絵買取り・山梨県・長野県・静岡県 絵画・浮世絵買取り・山梨県・長野県・静岡県 日本刀・脇差・静岡県・山梨県・長野県買い取り

11月も中旬になり寒暖差が厳しくなってまいりました。今年の紅葉は色づきが良く庭のもみじも真っ赤に色づいています。
 さて、最近の買い取りはといいますと日誌更新の8月からだいぶ経っておりますので沢山の買い取りへ行かせていただきました。
山梨県内をはじめ静岡県、長野県、東京多摩地区などへ買い取りへ行かせていただきました。
お譲り頂いた品々はこれから先も大事に引き継いでいただけるかたの元に責任をもって橋渡しをさせていただきます。
骨董品・日本刀の買い取りに関してどんな小さなことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。


2016年8月8日(月曜日)「家屋・お蔵の解体前に」


刀買い取り山梨県・長野県・静岡県 鉄瓶・香炉・中国骨董品買取り山梨県・長野県・静岡県

いよいよリオ五輪も始まりましたね。現在、金メダル1個、銅メダル4個と日本人選手の皆さん頑張っています。
 私は6月にお客様からのご紹介で、京都へ出張買取へ行かせていただきました。過去一番の遠方となりましたが質の良い出物も多く、またお客様にも大変お喜び頂き長距離ではありましたが疲れを感じませんでした。
 また区画整理に伴うお蔵の解体があり骨董品や古書、箪笥、家具類を買取させていただきました。一見するとガラクタやゴミのようにも見えますが中には買い取りできる物も多く存在します。お客様の中にはお気を使われて箪笥・家具の中身をお捨てになられる場合がありますが、箪笥自体よりお捨てになられた物の方が価値がある場合が多くあります。
高査定のポイントとしては、お客様ご自身の判断でご処分される前にそのままの状態で査定させて頂くことをお願いしております。
まずはどんな小さなことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。


2016年5月26日(木曜日)「中国骨董品・絵画・日本刀など買取り」


中国骨董品・美術品買取・山梨県・長野県・静岡県 絵画・浮世絵買取り・山梨県・長野県・静岡県 日本刀・脇差・静岡県・山梨県・長野県買い取り

5月も後半になりますと日中は夏日となり、汗をかきながらの作業が多くなってきましたが、これも多くの買い取りの御用命を頂いているからこそとありがたく思います。
 最近は中国人による中国骨董品買戻しブームも下火となってきておりますが、中国骨董品・美術品の買い取りは強化継続中です。
 その他、山梨県内、静岡県、長野県、などへ買い取りへ行かせていただきました。絵画・浮世絵・書画・古陶磁・日本刀・鉄瓶など写真ではすべてを掲載しきれないのが残念ですが、多くの御用命を頂きお客様にもお喜び頂いております。
まずはどんな小さなことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。


2016年3月20日(日曜日)「近況」


長野県・静岡県・新潟県日本刀、骨董品買取り、土蔵 骨董品買い取り、鉄瓶 日本刀・掛軸買い取り 象牙、根付、笄、鍔、煎茶、堆朱

久しぶりの更新となってしまいました。すっかり春らしい陽気となり過ごしやすくなりましたが、同時に花粉が辛い季節でもありますよね。
 最近は旧家、土蔵の解体でお呼び頂くことが多いです。先日は長野県にて内蔵のあるお宅へ買取りへ行かせていただきました。写真の内蔵自体は300年近く前の物らしく、江戸後期になりこの内蔵へ合わせて家を移築したと聞きました。敷地内には別に土蔵もあり大変に立派な古民家でした。
 その他、山梨県内、静岡県、埼玉県、神奈川県など買い取りへ行かせていただきました。鶏龍山塩笥壺や煎茶道具、明治期の牙彫や根付などたくさんの骨董品、古美術品を買取させていただきました。
また、家屋の解体時や土蔵などから未登録の日本刀、火縄銃などが見つかる場合がありますが、登録の手続きや代行も行えますのでお気軽にお問い合わせを頂ければと思います。


2016年1月1日(金曜日)「新年ご挨拶」


長野県・静岡県・新潟県日本刀、骨董品買い取り 長野県・静岡県・新潟県日本刀、骨董品買い取り

新年明けましておめでとうございます。今年も日本国、日本国民にとって良き年になりますように。
 昨年は山梨県・静岡県・長野県・神奈川県を中心に新潟県・名古屋など近県以外からの出張買取依頼も多く大変に良い勉強をさせて頂いた年でもありました。
昨年一年を振り返ってみますと、旧家・庄屋・商家など旧街道筋の買取が印象に残っております。古書・文書をはじめ、書画、骨董品類、日本刀、火縄銃、根付、提げ物などなど大変貴重な物の数々を扱わせていただきました。
今年もお客様のご期待に添えるよう頑張ってゆきたいと思います。


2015年11月11日(水曜日)「長野県・静岡県にて日本刀・骨董品買い取り」


長野県・静岡県日本刀、骨董品買い取り 長野県・静岡県日本刀、骨董品買い取り 長野県・静岡県日本刀、骨董品買い取り 長野県・静岡県日本刀、骨董品買い取り

9月、10月は静岡県や長野県への出張買取の御依頼が多く日本刀など数多くの骨董品・古書・古美術品を買取させていただきました。
11月も長野県、新潟県への買取りが決まっています。
これから年末へ向けてますます忙しくなってきますが寒さに負けず頑張りたいと思います。


2015年10月19日(月曜日)「人間国宝・河井寛次郎・濱田庄司など」


古書・古文書・和本 人間国宝・河井寛次郎・濱田庄司など

早いもので、今年も残すところ2ヶ月半ほどとなり、真夏の暑い時期も越え買取にはちょうど良い季節となりました。
日誌の更新こそなかなかできずにおりましたが、県内をはじめ遠くは名古屋などへ買取へ行かせていただきました。
旧家(商家・庄屋)の買取を数件請け負いましたが、古伊万里をはじめ印籠・根付・火縄銃などがまだまだうぶで出てくることに驚くばかりでした。また、質の良い出物が多く新たな持主様への橋渡し役としての重責を強く感じました。
残すところ2ヶ月!!頑張って買取をさせて頂きたいと思います。


2015年6月23日(火曜日)「近況」


脇差・拵え 鉄瓶

久しぶりの更新となりました。
いよいよ買取には不向きなシーズンの到来です。暑さと、虫との戦いが今年も始まりました。
最近は書画・刀などをはじめ、旧家、お蔵の蔵出しなど、うぶ荷を多く扱います。戦前の郷土玩具、こけし、鉄瓶なども多数出てまいりました。
今年の夏も暑さに負けず、買取をしてゆきたいと思います。


2015年2月15日(日曜日)「近況」


古書・和本 エンタイア・軍事郵便・戦前絵葉書 海軍短剣・脇差拵え・鍔

 年明けより、数多くの買取依頼を頂き、県内外を含め出張買取業務に追われている日々が続いております。
最近は旧家様の買取のご依頼が多く大変に質の良いうぶ荷を扱わせて頂いております。
大正期の東京美術倶楽部入札会にかけられた藩主売立品など目録と共に買取をさせて頂きました。
県内においても甲斐叢記など貴重な和本もでてまいりました。


2014年12月29日(月曜日)「年末のご挨拶」


刀・脇差・短刀・拵え 茶道具など 落合芳幾「川中嶋大合戦図」

今年も残すところ2日となりました。本日は午前中に今年最後の買取へ行き、本年度の業務は無事に終了いたしました。
今年は去年よりも買取のご依頼が増え。とても充実した一年となりました。沢山のお客様との出会いの中、多くの事を学ばせて頂いた一年でもありました。心より感謝を申し上げます。
今年一年を総括してみますと全体的に質の良い出物が多かったように思います。刀関係、古銭、根付などもまだうぶも出てきますし、非常にやりがいを感じた年でした。
来年も皆様のお役に立てるように頑張って買取をさせて頂きたいと思います。良きお年をお迎えくださいませ。


2014年9月14日(日曜日)「近況」


日本刀 古銭・切手

いよいよ朝晩が涼しくなり、秋らしくなってきました。夏場の買取作業は暑さと蚊との戦いになります。とりあえず真夏の暑さからは解放されそうです。
 最近の買取内容としましては、俗にいう原人好みの品が多く入ってきました。日本刀・書画・古銭・切手・茶道具など骨董品の定番ともいうべき品々です。
 先日には土蔵の貯蔵穴の中にて刀・脇差・短刀など合わせて6振り櫃の中に入っているのを発見しました。1振り2振り発見することはありましたがまとめて6振り出てきたのには驚きました。登録完了後に買取をさせて頂くこととなりました。
 買取現場にはいろいろな出会いがあり、良い勉強をさせて頂いております。


2014年8月15日(金曜日)「商品販売について」


今日は敗戦から69年目の日です。正午の時報と共に1分間の黙とうをさせていただきました。先の大戦により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。今日の平和と繁栄は、先人の方々の尊い犠牲の上に成り立っていることを決して忘れてはならないとあらためて思います。
商品販売についてですが、HPのリニューアル後から多くのお客様より「買取だけではなく販売はしていないの?」という質問を寄せられておりました。
浪漫屋は販売店舗を持たない形式で運営しており、個人のお客様への小売りは行っておりませんでした。
しかし、多くのご要望とご期待を賜り、このたび通信販売だけではございますが、始めさせて頂くこととなりました。
至らぬ点も多々あるとは思いますが、よろしくお願い申し上げます。


2014年8月13日(水曜日)「近況」


買取品

忙しさのあまりなかなか日誌の更新が出来ずにいましたが、近況を記したいと思います。
毎年、7月上旬から8月のお盆の時期ごろにかけて、買取依頼が急増し、今年は特に嬉しいことではありますが、多忙な日々を過ごさせて頂いてる様に思います。
11日、12日と東京と埼玉へ買取へ行かせていただきました。23区、都心部への出張買取は初めてのことでしたので、道に迷いながらやっとの思いで依頼主様の元へとたどり着けました。東京都近郊には星の数ほどの買取業者があるなか、浪漫屋をお選びいただき本当に感謝を申し上げます。
都内にて一泊し、一路埼玉県へ移動です。築90年近い古民家の解体ということでお伺いをさせていただきました。
浪漫屋では県外への出張買取も積極的におこなっております。蔵ごと家ごと、とまではいきませんがなるべくすべてのお品を買取させていただく方針ではおります。皆様からの御用命をお待ちしております。


2014年3月22日(土曜日)「近況」
買取品

桜の木もふっくらとした蕾をつけ、開花の時をいまか、いまかと待ち遠しく感じる季節になりましたね。
買取はといいますと、やはり家屋の建て替えによるご依頼が去年とは比較にならないほど多く寄せられます。
古い土蔵などになりますと持主様でさえ存在を知らなかった物が出てくることがあります。
大体、土蔵などがある古いお宅は、とうの昔に骨董屋さんやうぶだし屋さんが入られてるお宅がほとんどですので、呼ばれていってもほとんど何も残っていないのが常ですが、極まれに当時のままの状態で残されていることもあります。
この時ばかりは仕事を忘れ、ワクワク、ドキドキしてしまいます。まるでタイムカプセルを開けているかのような感覚です。
古いものは二度と作ることができないものです。ゴミとして捨ててしまう前にぜひご連絡をよろしくお願いいたします。


2014年1月28日(火曜日)「近況」


掛軸 絵画

平成26年も明けて、一ヶ月が経とうとしております。月日が経つのはあっという間ですね。
買取はといいますと正月三が日が終わったあたりからぽつぽつとお電話を頂くようになり県外を含め5件ほどご訪問をさせていただきました。書画、骨董品をはじめ最近は絵画を含む買取依頼が多いです。
また、消費増税に伴う家屋の立替やリフォームでの古物の買取依頼も昨年度末あたりから増えてきたように思います。これも世相を反映しての流れなのでしょうか。
しかし、また一つまた一つと歴史の詰まった古民家や土蔵が消えてゆくのはとても寂しい気持ちになります。


2013年11月4日(月曜日)「茶道具」


茶道具

ようやく秋らしくなってきた今日この頃。季節の移り変わりは早いものです。
写真の茶道具は今年の夏に買取をさせていただいた物です。
家元書付、千家十職によるお道具など大変貴重な物を買取させていただきました。


2013年8月12日(月曜日)「山梨県の日本画家」


田中蘭谷 中林蘭林

最近では、山梨県内はもとより長野県、静岡県をはじめとする県外からのお客様より買取依頼を頂き、毎週のように出張買取へ出かけております。
買取をさせて頂いているとその地域ゆかりのお品や作家さんなどの作品を良く目にします。
この二枚の日本画は、山梨県内のお客様より買取りをさせて頂いた物になります。
どちらも山梨県ゆかりの日本画家の作品で、孔雀図が田中蘭谷、玉堂富貴図が中林蘭林。
このような素晴らしい作品達に巡りあえた時、この仕事をしていて良かったと思える瞬間でもあります。


2013年4月30日(火曜日)「近況」


久しぶりの日誌となりました。最近の近況を書きたいと思います。
最近、多くお問い合わせ頂いているのが、各種お人形の買取、引き取りのお問い合わせです。基本的には戦後以降に作られたお人形類の買取、引取りはお断りさせていただいております。しかし、市松人形、京人形、奈良人形、作家物などのお人形は買取、引き取りの対象となる場合も御座いますので、お問い合わせの際は、お分かりになられる範囲で構いませんのでお人形の特徴などをお教えして頂けたらと思います。
次によくお問い合わせ頂く事に、家屋、土蔵内の家財を一切合切片付けて欲しいと言うお問い合わせを頂きます。
しかし、この様な場合に浪漫屋で対応させて頂ける範囲は骨董的な価値のある物の買取や古物の引き取りだけとなってしまいます。あらかじめご了承下さい。


2012年8月20日(月曜日)「近況」


土蔵の中 土蔵の中

お盆休みも終わり、いよいよ今日から仕事と言う方々が多いことと思います
毎年、お盆頃の時期になりますとお客様より買取のご連絡を賜る機会が増え、少々忙しい日々を送っておりました。
この二枚の写真は、お客様より土蔵の中だけならホームページに掲載しても良いと了解をいただけましたので、ご紹介させていただきました。


2012年4月1日(日曜日)「独楽」


鉄輪独楽 鉄輪独楽

独楽と書いて"こま"と読みます。誰しも一度は遊んだ経験をもっているのではないでしょうか?
時代判定が大変難しい分類の物ですが、買取をさせて頂いているとこのような面白いものにも出会うことがあります。


2012年1月19日(木曜日)「近況」

新年も早いもので半月が経とうとしております。お客様からの買取を専門的にさせて頂くようになってからは、はや2年となりました。心よりお礼を申し上げます。
今後とも一層のお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。


2011年11月6日(日曜日)「HPのリニューアル完成と公開」

新たに浪漫屋の活動日誌として記録をしていきたいと思います。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009-2018 日本刀・骨董品の買取 「浪漫屋」All Rights Reserved.